水俣について(歴史と風土)

水俣石飛地区には、2万数千年前の旧石器時代から、わたしたちの祖先が住んでいたことが、近年の発掘調査でわかっています。そして時代を経るにつれて、南福寺(縄文時代) 、初野、上野(弥生~古墳時代) などの低地へ移住していったことが、遺跡によって推察されます。水俣の地名が記録に現れるのは延喜式(905年~927年)で、水俣と仁王に駅家(うま や) が置かれたとあり、そのころから交通の要衝だったことがうかがわれます。

寛永11年(1634年) 細川氏領となった頃は、水俣手永として陳内、浜、長野、小津奈木、深川、葛渡、袋の7庄屋村と86の小村とからなっていましたが、明治6年棟内村列 (31ヵ村) 、浜村列(15ヵ村) の両行政区が布かれて、それぞれに戸長役場が設けられました。

明治22年市町村制の施行にともない、両列が合併、水俣村( 当時人口12,303人) が誕生、村役場が陣内に置かれました。熊本県の最南端にあって鹿児島県との境に接し、三方は失城山、大関山、矢筈岳等の山々に囲まれ、わずかに水俣川河口 に開けた平地が八代海(不知火海) に面し、遠く天草の島々を望む地勢から人情こまやかで文化的豊穣の地として蘇峰、蘆花の文豪を生み出しました。産業の面では小さな農漁村に過ぎませんでし たが、この頃から港としても大牟田、島原方面と鹿児島県大口 、山野方面(当時金山などがあった)の諸産物の集散地となり、次第に活気づいていきました。

明治41年、日本窒素肥料(株)水俣工場が設立されてからは人口も急速に増加し、工業都市として発展の緒に至りました。

昭和24年4月市制が施行され、31年9月には久木野村と合併し、人口は5万人を超え市勢は拡大の一途を歩み、同年水俣港が貿易港として指定される等、国際的展望のもとに水俣市発展の転機をむかえました。


 一方、この頃に水俣病が公式確認され、市民は長い間公害問題で苦しむことになります。

平成2年(1990)3月、ようやく水俣湾の公害防止事業が完了し、広さ58ヘクタールの水俣湾埋立地(現:エコパーク水俣)が完成し、平成9年(1997)には水俣湾の仕切り網が撤去され、熊本県知事が安全宣言を行いました。

水俣市は水俣病の経験と教訓をもとに、平成4年(1992)に日本初の「環境モデル都市宣言」を行い、ごみの高度分別や独自の環境ISO制度など、市民協働で様々な環境施策に取り組み、平成13年(2001)に国のエコタウンの承認を受けてリサイクル・リユース関連の企業が数多く立地しました。この環境に配慮したまちづくりが評価され、平成20年(2008)に国の環境モデル都市に認定、平成23年(2011)には日本の環境首都の称号を獲得しました。

その後、「環境」、「経済」、「社会」のそれぞれが調和し、好循環を生み出す取り組みを進め、令和2年(2020)7月に内閣府が選定する「SDGs未来都市」に選ばれました。

今後も、「SDGs(持続可能な開発目標)」の考え方に基づいて、「みんなが幸せを感じ 笑顔あふれる元気なまち 水俣」を市民協働で築いていきます。